ロゴマークについて

真栄田 宗慶

クリニックの名称は当初から自分の名前より、地域になじんだ名称にと考えておりました。 地番は那覇市銘苅ですが、小道ひとつで安謝であり、近隣の天久と曙が、ちょうど「A」から始まり、銘苅と真栄田の「M」を組み合わせて、耳鼻科と判るように額眼鏡を上にのせたロゴマークを検討しました。 AとMは基部で繋がって閉じた形となっていますが、開いた形にすると四足のアリのように異様になってしまいそうでしたので、閉じた形で収まりがつきました。 中央部の囲まれた空間は、目立つように赤にし、ハートをこめて診療することを肝に銘ずることにしました。 ローマ字表記だとAMEKALUになりますが、Medicalの「cal」をもじってAMECALにしました。

「耳鼻咽喉科」でなく「耳鼻科」にしたのは、名称が長くなりすぎることもありますが、咽喉科の「喉」の文字が医療関係者でも案外誤字で書くことが多く、よく気候の「候」に似せて字をあてます。 説明に「侯爵」の「侯」を引き合いに出し、気候の「候」だとノドにトゲが刺さった状態と話しますが、「侯爵」自体が若い人には死語に近いためか、ピンとこないようです。

厚生労働省の正式な表記は「耳鼻いんこう科」とひらがなになっています(役人の方も間違えるため?)。 電子カルテでは、PCによっては最初の漢字変換に「淫行」が出てきて、腹立たしい思いもすることがあります。 話はだいぶ逸れてしまいましたが、領収書を書いてもらう際は、少し短くて書きやすいのではと思っています。

ロゴマークを評して友人の奥さんが「天使が羽を広げているみたい」とおっしゃってくれて嬉しかったのですが、大リーグをみて、Angelsのマークがちょっと似ていて、頭の片隅にあったのかなと、後で思いました。

 

院長経歴


【院長】  真栄田 宗慶
  昭和56年 東京医科歯科大学卒業、耳鼻咽喉科入局
  昭和60年 埼玉県立がんセンター
  昭和63年 東京医科歯科大学助手
  平成元年 医学博士号学位取得
  平成 4年 東京都立駒込病院医長
  平成 9年 中部徳洲会病院部長
  平成15年 ソフィア・メディカルサポートクリニック院長

Copyright© 2010 那覇新都心の耳鼻科 アメカル耳鼻科クリニック All Rights Reserved.